【4歳子連れ・雨の日ディズニー攻略】行くならランドとシーどっち?対策や持ち物に、おすすめのアトラクション10選を紹介!

スポンサーリンク



こんにちは。
現役内科医ママの、ゆずです。

先日、4歳の娘とパパと私の3人で、夏休みを利用してお泊まりでディズニーへ行ってきました。
仕事のスケジュール調整のため、3ヶ月前には夏休みの日程を決めていた私たち。
ホテルの予約もして、準備万端
…のはず、だったのですが

ゆず
台風がきた〜!当日、雨じゃないっ

ディズニーに行く日が、雨の日に当たってしまったのです。

せっかくの夏休み。
ずっと楽しみにしていた娘のためにも、なんとか最善を尽くしたい…

そんな思いで、事前に色々とリサーチをして、実際に雨のディズニーランド、ディズニーシーを楽しんできました!

この記事では、そんなわが家が、雨の日に4歳子連れでディズニーランド・シーへ行った経験から…

・雨の場合、4歳子連れならディズニーランドとディズニーシー、どちらが楽しめる?
・雨のディズニーで必要な持ち物とは?
・雨の日のディズニーランドでおすすめのアトラクション
・雨の日に備えて…事前にシェフ・ミッキーを予約するのはいかが?

こんなことを、お伝えします!

せっかくの子連れディズニーだけど、天気予報は雨…
そんな時でも楽しむ方法や、少しでも快適に過ごすために子連れで必要な持ち物について、実体験に基づいてレポートしますね。

スポンサーリンク



目次

【雨の日・子連れディズニー】行くならディズニーランドがおすすめな3つの理由

雨の日にディズニーリゾートに行く場合、一般的には「ディズニーシー」の方がおすすめだと言われています。
それは…

・屋内で完結するアトラクションが多い
・メディテレーニアンハーバーのショーが、雨天中止になりにくい

というのが理由です。

確かに、ディズニーシーにあるアトラクションって、屋内完結型のものが多い印象。

でも小さい子連れとなると…

・シーの屋内型アトラクションは、小さい子は身長制限で乗れないものも
・シーのアトラクションは、小さい子ども向けのものばかりではない
・子どもが小さいとショーは抱っこや肩車などをしてあげないと見られないので、雨では観覧が厳しい

ということで、雨の日にディズニーシーに行くメリットは薄れてしまうんですね。

実は、東京ディズニーリゾートのアトラクション全体の、4分の3は屋内型。
ディズニーランドに行っても、ディズニーシーに行っても、雨でも結構な数のアトラクションを楽しむことができます。

と、いうことで…
ここからは、小さい子連れなら、雨の日にディズニーランドの方がおすすめな3つの理由をご紹介しますね。

【理由1】ファンタジーランド周辺に子どもがよろこぶアトラクションが密集

雨の日に何が大変か…それは移動です。
アトラクションの待ち時間は、屋内で過ごせることも多いと思うのですが、広いパークの中を移動する時がやっぱり大変。

ディズニーランドでは、小さい子どもがよろこぶアトラクションがファンタジーランド周辺にぎゅっと集まっています。
このため、短い移動でたくさんのアトラクションを楽しむことができ、雨の日でも楽なんです。

【理由2】ディズニーシーより水たまりが少なく、歩きやすい

ディズニーランドの地面は、わりとつるんとしている所が多いです。
雨の日のパークでは、キャストの方が水切り(大きなゴムのついたワイパーみたいなもの)で水たまりの水を履いてくれるので、大雨でなければ水たまりも少なくなります。

一方、ディズニーシーの地面は石畳など趣のあるところが多く…
雨の日にキャストさんが水を履くのも限界が。
先日、雨の翌日にシーを訪れた時にも、パーク内のあちこちに水たまりが見られる状況でしたが、同じ日にディズニーランドに行くと、水たまりはありませんでした。

大雨になってしまうと、両パークとも水びたしになってしまいますが、それほど強い雨ではなければ、地面の水はけはディズニーランドの方がいいと思います。

【理由3】雨の日の味方・ベビーカーでの移動がしやすい

子連れでディズニーへ行く場合、普段ならあまりベビーカーは利用しない年齢のお子さんでも、パークが広いためにベビーカーが必要になることがありますよね。
後でお伝えしますが、普段はそれほどベビーカーは必要ない…というお子さんでも、雨の日はベビーカーがあると子どもが休憩できる場所になるので、便利なんです。

特に雨の日は傘をさしながら、片手で押す場合もあると思うので…
押しやすさの違いは重要です。

ディズニーシーの石畳より、ディズニーランドのつるりとした地面の方が、ベビーカーを押すのも楽です。

と、いうことでまとめると

  1. ファンタジーランドに小さい子が好きなアトラクションが密集している
  2. ディズニーランドの方が水たまりが少ない
  3. 地面がつるりとしてベビーカーが押しやすい

ということから、雨の日の大変な移動が少しでも楽になるから…というのが、ディズニーランドをおすすめする理由でした。

雨の日・子連れのディズニーランドで必要な準備や持ち物はこれ!

では次に、雨の日の子連れディズニーで必要な準備や持ち物をまとめますね。
東京ディズニーリゾートがある舞浜は、海が近くて風が強い日が多いという特徴があります。
それを踏まえて、以下のものがあると便利です。

レインコート

風が強い日の多い舞浜。
雨の日、傘だけではびしょ濡れになりやすいですし、風のために傘をさすのが危ないこともあります。
また、雨の日は気温が下がりやすいですが、レインコートは防寒にもなります。

ということで、レインコートは雨の日ディズニーには必須です!

家にあるものを活用してもいいですが、実はパークの中で販売されているレインポンチョがかわいいです。


引用:【公式】雨の日の東京ディズニーリゾートを楽しもう!

赤と紺の2色展開で、赤はミニーが、紺はミッキーが描かれています。
子どもサイズから大人用まで用意されていて、雨の日はパーク内のあちこちのショップで販売されていますよ。

背中には、大きなミッキー・ミニーの顔がプリントされています。
パークで親子でおそろいのポンチョというのも、気分が上がりますね♪

価格は、

・大人用 1300円
・子ども用 1000円

です。
ゆったりとしているので、斜めがけのカバンやリュックの上からでも、余裕で着られるサイズ感です。

わが家は大人はこのレインポンチョを、娘はビビディ・バビディ・ブティックで販売されているプリンセス仕様のレインポンチョを購入して、雨を乗り切りました!

傘は、レインコートだけではどうにもならない程の大雨の時には必要かな〜という感じです。
アトラクションに並ぶ時や乗る時にはジャマになってしまうため、折りたたみでも…とも思いますが、風が強いと壊れる所に注意が必要。

大人の分だけの、ビニール傘でもいいかもしれません。

長靴・レインブーツ

雨の日に屋外を長く歩くことを考えると、長靴・レインブーツはあった方がいいですね。
防水になっている、歩きやすいものを用意しましょう。

夏場であれば、歩きやすい(中で足が滑りにくい)サンダルでもいいかもです。

ベビーカー&レインカバー

ベビーカーをまだ利用するお子さんの場合は、ベビーカーとレインカバーがセットであると便利です。
なぜなら、雨の日はベンチが濡れたりして休める場所が激減。
そんな時、ベビーカーで子どもだけでも濡れずに座れるというのは、とっても貴重だからです。

ベビーカーの椅子の下に荷物を収納することもできますし、カバーをつけたベビーカーなら、子どもが疲れてしまっても休むことができて安心。
普段はそれほど使っていないという場合でも、ディズニーでは子どもが疲れてお昼寝しちゃう…なんてこともあるので、あると便利ですよ。

抱っこ紐

エルゴベビーやベビービョルンなどの、両手が自由になる抱っこ紐は、お子さんが抱っこ紐で抱っこされる年齢ならあると便利。

この場合、レインコートは大きめのサイズを選んで、抱っこ紐のお子さんごと一緒に入れる位のものがいいと思います。

タオル

フェイスタオルのサイズのものを、数枚用意しておきましょう。
雨の強さによりますが、家族の人数分よりは少ない枚数で足りるという印象ですね。
小雨の場合は、あまり出番はありません。

ちなみにわが家で持参したタオルは、ウチノの速乾タオルです。
吸水が良く乾きも早いので、普段の使用はもちろんですが、雨の日対策にもおすすめです。

このタオルについては、

タオルの生乾きの臭いが気になる人には「UCHINOの速乾タオル」がおすすめ。ふわふわで肌触りが良く、雑菌が繁殖しにくいので子どもにも安心!

タオルの生乾きの臭いが気になる人には「UCHINOの速乾タオル」がおすすめ。ふわふわで肌触りが良く、雑菌が繁殖しにくいので子どもにも安心!
こんにちは。 現役内科医ママの、ゆずです。 我が家は夫、私、そして4歳娘のみかんの3人家族。 バスタオルが3枚、洗顔タオル...

こちらの記事も参考にしてみて下さい。

子どもの着替え・上着

大人よりも、子どもの方が濡れてしまいやすいので、子どもの着替えは用意しておくといいです。
特に、レインコートを着ていてもズボンは濡れやすいので、替えを用意しておきましょう。

大雨でもなく、荷物になるのは嫌…という場合は、もし必要になったらパークで購入するのもありですね。
ミッキーやミニーの服を着れば、雨の日でもディズニー気分が盛り上がります♪

また、雨の日は気温が下がりやすい上、濡れていると体感温度も下がります。
夏なら薄手の上着など、季節にあった防寒具を用意しておきましょう。
レインコートは結構防寒になるので、あまり分厚いものを用意する必要はないかもしれません。

ビニール袋

レジ袋のようなものでOKなので、濡れたものを入れるために数枚持っていきましょう。
レインコートを丸めて入れておく袋も必要になります。
レインコート入れは大きめのものを家族みんなで1枚という感じで用意しておくと便利です。

パークでレインポンチョを購入する場合、脱いだレインコートを持ち歩くための袋はショップで渡してくれるので、別途持っていく必要はありません。

防水バッグ

せっかく持ってきたタオルや着替え類も、バッグごと雨に濡れてしまっては台無し。
わが家は防水のバッグを持っていていたため、中身が濡れる心配がいらず、便利でした。

マザーズバッグなどでは、防水バッグが結構売っています。
普段使いにも便利なので、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら1つあってもいいかもです。
ビニール製など、水がしみない素材のものであれば、ご自宅にあるものなんでもいいと思いますよ〜。

わが家で使っているバッグに近い商品は、こちら。

防水マザーズバッグなら、Amazonより楽天で検索した方が良かったです。

ちなみに、バッグ類は斜めがけや肩掛けにできるものがおすすめ。
なぜなら…

・リュックだと、中身を取り出すためにいちいちレインコートを脱がなければならない
・ハンドバッグだと、片手が塞がってしまうため不便

だからです。
傘をさしたり、子どもと手をつないだり、時には抱っこしなければならない場面も…と考えると、バッグは斜めがけや肩掛けにできるものが便利です。

では、雨の日に余分に必要となる持ち物をまとめますね。

1. レインコート
2. 傘
3. 長靴、レインブーツ
4. ベビーカー&レインカバー
5. 抱っこ紐
6. タオル
7. 子どもの着替え、上着
8. ビニール袋
9. 防水バッグ

以上の9つでした。

お子さんがどれくらい歩けるか、それともお昼寝が必要だったり、すぐに抱っこになりそうかによって、ベビーカや抱っこ紐については必要度が変わってきます。
お子さんの体力に合わせて、そして『パークではいつもより疲れやすい』ということも念頭に、準備をしてみて下さいね。

スポンサーリンク


【雨の日のディズニーランド】4歳子連れにおすすめの屋内型アトラクション10選

雨の日のディズニーランド。
でも、先ほどお伝えした通り、ディズニーリゾートの4分の3は屋内型アトラクションですから…結構たくさんのアトラクションが楽しめちゃうんです。

ということで、小さい子連れで雨の日に乗るのにおすすめのアトラクション10選をご紹介します!

4歳子どもに好評だった屋内型アトラクション10選+1

では、4歳子どもに好評だった屋内型アトラクションを、エリア別にご紹介していきます。

ファンタジーランド

冒頭でご紹介しましたが、ファンタジーランドには小さい子どもがよろこぶアトラクションが密集しています。
小雨ならレインポンチョを着ないでも移動できちゃうくらいの距離感のアトラクションもありますよ〜(^^)

では、アトラクションをご紹介していきますね。

プーさんのハニーハント


引用:【公式】アトラクション|東京ディズニーランド

はちみつのポットに乗って、ある風の日にプーさんがはちみつを探しに行く様子を見に行けるアトラクションです。
ファストパスエントランスから先はプーさんの絵本の中に入り込んだような感じになっていて、待ち時間も屋根のあるところで楽しむことができます。

ホーンテッドマンション


引用:【公式】アトラクション|東京ディズニーランド

いわゆるお化け屋敷なのですが、改装されてからはハロウィンとクリスマスが合体したような雰囲気になっていて、小さいお子さんでも結構楽しめる内容になりました。
娘はとても気に入ってしまって、3回位は乗っていましたよ。

ミッキーのフィルハーマジック


引用:【公式】アトラクション|東京ディズニーランド

ミッキーが指揮するオーケストラに、ドナルドが現れてハプニングが起こる…というストーリー。座席に座って楽しむタイプのアトラクションですが、いろいろな工夫で臨場感たっぷりの3D映像が楽しめます。

イッツ・ア・スモールワールド


引用:【公式】アトラクション|東京ディズニーランド

2018年4月にリニューアルしたため、ファストパスアトラクションになりました。
改装後、女の子に人気の高いディズニープリンセスがあちこちに出てくるようになり、知っているキャラクターを探しながら船で進むのが楽しいです♪

シンデレラのフェアリーテイル・ホール


引用:【公式】アトラクション|東京ディズニーランド

シンデレラ城の中にある展示型のアトラクションで、壁に描かれたシンデレラのお話を読んだり、様々な展示を見ながら進みます。
フォトスポットとして、ガラスの靴に足を置ける場所と、シンデレラの椅子に座れる場所があるので、女の子がいるご家庭におすすめです。

トゥモローランド

トゥモローランドは、ショップやレストランが軒を連ねているため、屋根伝いに移動できるので雨の日もなかなか便利です。
屋内型アトラクションも多く、中には小さいお子さん向けのものがいくつかありました。

スティッチエンカウンター


引用:【公式】アトラクション|東京ディズニーランド

大勢で椅子に座って楽しむタイプのアトラクションで、スティッチとユーモアたっぷりの楽しい会話を楽しむことができます。
自分のいる席が画面に映し出されたりするので、子どももとてもよろこんでいました!

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター


引用:【公式】アトラクション|東京ディズニーランド

乗り物に乗りながら、光線銃で的を狙って打っていくという、シューティングっぽいアトラクションです。
男の子の方が、盛り上がるかもしれませんね。
娘は途中からパパに交代してもらって、ひたすら周りを見る方を楽しんでいました。

モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク”


引用:【公式】アトラクション|東京ディズニーランド

こちらもアストロブラスターと似た感じの、シューティングっぽいアトラクション。
ですが、モンスターズインクに出てくるモンスターたちがかわいいのと、ライトで照らして「み〜つけた!」という感じなので、女の子でも楽しめました。

アドベンチャーランド

アドベンチャーランドは、東京ディズニーランドの入口となるワールドバザールのすぐお隣にあります。
雨宿りスポットはそんなに多くありませんが、ゆっくりできるアトラクションは雨の日には魅力です。

ウェスタンリバー鉄道


引用:【公式】アトラクション|東京ディズニーランド

蒸気機関車に乗って、アドベンチャーランド、ウェスタンランド、クリッターカントリーをぐるっと回ってくるアトラクションです。
最後の方で恐竜が出てくるシーンがあるので、恐竜を怖がらないタイプのお子さんにおすすめ。

親はのんびりと機関車に乗れて、体が休まります(^^)

魅惑のチキルーム

昔のチキルームは鳥が鳴くだけ…というイメージで、子どもの頃の私にとっては最も興味のないアトラクションだったのですが(昔のチキルームが好きだった方、ごめんなさい)、現在はスティッチが登場するので楽しいものになりました。
スティッチ好きのお子さんにおすすめです。

また、大人数が収容できるタイプのアトラクションで、待ち時間もいつも短めなので、雨の日にもうれしいです。

【番外編】スプラッシュ・マウンテンは小雨ならOK!

人気があり、ファストパスの対象アトラクションでもある、スプラッシュ・マウンテン。
雨の日は待ち時間もぐっと短く、しかもどうせ最後はちょっと濡れるタイプのアトラクションなので…「少しくらい濡れるのは、気にならないよ?」という場合はおすすめです。
身長は90cm以上で乗れちゃいます。(妊娠中のママは乗れません)

外に出る部分はほんの少し(滝壺に落ちるシーン)で、あとは屋内を進んでいく時間が長いですし、うさぎやくまなどのかわいい動物たちがたくさん出てくるので、「落ちるところ」が大丈夫なお子さんなら結構おすすめですね。

ちなみに。うちの娘は3歳の時からよろこんで乗っています!

ここまで、小さい子連れでの雨の日おすすめアトラクションをご紹介してきましたが…
公式ページでも、「雨の日のディズニーリゾートを楽しもう」という紹介ページがあります。
こちらは一般向けではありますが、よかったらご参考になさって下さいね。

雨の日限定のミニパレードなども紹介されていますよ。

【公式】東京ディズニーランド 雨の日おすすめコース

4歳子どもに不評だった屋内型アトラクションとその理由は?

屋内型アトラクションなら何でもいいや…と、手当たり次第に乗ってしまうと

ゆず
失敗した〜!!
ということにもなりかねません。

娘が3歳・4歳で乗った屋内型アトラクションの中から、「これはちょっと失敗だった…」というものも、理由を添えてご紹介します。

白雪姫と7人の小人、ピノキオの冒険旅行、ピーターパン空の旅

上記の3つは、ファンタジーランドにある屋内型アトラクションです。
この3つ…どれもすごく『暗い』んです。

娘は特に3歳の時には、「暗い、怖い」と言って、降りたがっていました。
特に、白雪姫と7人の小人は怖い魔女が出てくるなど、楽しい雰囲気がありません。

暗闇を怖がるお子さんの場合は、注意が必要です。

スター・ツアーズ

スター・ツアーズはトゥモローランドにある、座席に座って楽しむタイプのアトラクションです。
シートベルトをしめて席に座り、席がガタガタと動く状態で、スリル満点の宇宙旅行を楽しむ…というアトラクションですが、小さい子どもには宇宙戦争の様な映像が怖すぎました。

娘は乗っている最中も「怖い〜」と言って手を握り、降りた途端に「乗らなければよかった…」と言っていました。
よほどスペースものが好きなお子さんでなければ、楽しめない可能性ありです。

カリブの海賊

カリブの海賊は、アドベンチャーランドにあり、屋内を船に乗って進むタイプのアトラクションです。
ガイコツや海賊がたくさん出てくるので、うちの娘はギリギリ何とか…という感じでしたが、前の席に座っていたお姉ちゃんは、終始ママの膝に顔を埋めて耐えている状態。

これも暗くて怖いタイプのアトラクションなので、お子さんの性格をよく見て決めるといいと思います。

雨に備えて…ホテル宿泊予定なら、シェフ・ミッキーを予約しておくと◎

せっかくのディズニーランド。
前々から楽しみにしていたのに、あいにくの雨となってしまうと…やっぱり、とっても残念ですよね。

気軽に日程を変更できるならいいんですけど、前々から休暇を申請して、ホテルを予約している…なんて状態では、急な日程変更は難しい。
そんな場合におすすめしたいのが、「シェフ・ミッキー」の予約です。

シェフ・ミッキーとは?

シェフ・ミッキーは、ディズニーアンバサダーホテルの中にあるブッフェレストランです。
ここでお食事をすると…
各テーブルに、ミッキーやミニーなどのキャラクターたちが必ず遊びにきてくれるんです!
レストランで会えるのは、

・ミッキー
・ミニー
・ドナルド
・デイジー

の4人です。(2018年9月時点)

パークでは、一緒に写真を撮ったり握手をしたりするのも難しい、大人気のキャラクターたちですが、シェフ・ミッキーなら

・一緒に写真を撮ってくれる
・握手をしたり、子ども(多分大人も)を抱きしめたりしてくれる
・サインをしてくれる

と、結構ゆっくりと触れ合いを楽しむことができます。

雨の日対策として、シェフ・ミッキーの予約をおすすめする理由

シェフ・ミッキーは完全予約制。
雨でも90分間たっぷり、そして落ち着いて楽しむことができますし、キャラクターたちと会えれば気分もすっごく盛り上がりますよね。
また、アンバサダーホテルのロビーで休憩することもできちゃいます。

シェフ・ミッキーを予約しておけば、当日晴れでもうれしいし、雨の日ならうれしいだけじゃなく、冷たい雨をしのぎつつも楽しい体験ができ、とっても助かります!

問題は、シェフ・ミッキーが大人気すぎて、予約がなかなか取れないこと。
シェフ・ミッキーで子連れでお食事をした様子については、

4歳子連れでシェフミッキーのランチへ♡子ども向けサービスのまとめと、子連れで100%楽しむためのコツと注意点を解説します!

4歳子連れでシェフミッキーのランチへ♡子ども向けサービスのまとめと、子連れで100%楽しむためのコツと注意点を解説します!
こんにちは。 現役内科医ママの、ゆずです。 先日、初めて「シェフ・ミッキー」へ4歳子連れで行ってきました! シェフ...

超激戦の予約方法については、

【2018年9月最新】シェフミッキーのホテル別予約方法と、予約しやすさランキングを発表!オンラインで空きがなくても予約を取る裏技も!?

【2018年9月最新】シェフミッキーのホテル別予約方法と、予約しやすさランキングを発表!オンラインで空きがなくても予約を取る裏技も!?
こんにちは。 現役内科医ママの、ゆずです。 先日、夏休みに親子3人でお泊まりディズニーに行ってきました♪ 実は今、...

こちらの記事で詳しくお伝えしています。

もしあなたが、

あなた
ホテル予約をするつもりだけど、当日雨が降ったらどうしよう??
と悩んでいるようなら…
ぜひ、シェフ・ミッキーの予約は検討してみて下さいね。

また、シェフ・ミッキーと言えども、雨の日は予約のキャンセルが出やすい可能性があります。
雨じゃない日に日程を変更できる人は、変更するかもしれないからです。
シェフ・ミッキーは直前や当日でも予約ができるので…無理と諦めずに予約が取れないかチェックしてみるのがおすすめです!

スポンサーリンク


【雨の日・子連れのディズニーランド攻略】まとめ

子連れでのディズニー攻略についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
では、最後にこの記事でお伝えした内容をまとめますね。

雨の日・小さい子連れで行くなら、ディズニーランド!

雨の日に小さい子連れで行くなら、ディズニーシーよりもディズニーランドがおすすめ。
その理由は、

・ファンタジーランド周辺に子どもがよろこぶアトラクションが密集
・ディズニーシーより水たまりが少なく、歩きやすい
・雨の日の味方・ベビーカーでの移動がしやすい

この3つです。

雨の日に子連れのディズニー、あった方が良い準備・持ち物

雨の日に小さい子連れで行く場合に必要となる持ち物は、以下の9つです。
特に、風の強いディズニーリゾートではレインコートは必須です!

1. レインコート
2. 傘
3. 長靴、レインブーツ
4. ベビーカー&レインカバー
5. 抱っこ紐
6. タオル
7. 子どもの着替え、上着
8. ビニール袋
9. 防水バッグ

雨の日のディズニーランドで小さい子連れにおすすめのアトラクション10選

主に3〜4歳さんにおすすめの、屋内型アトラクション10個はこちらです。

ファンタジーランド

小さい子ども向けの屋内型アトラクションが密集していて、移動しやすいです。

・プーさんのハニーハント
・ホーンテッドマンション
・ミッキーのフィルハーマジック
・イッツ・ア・スモールワールド
・シンデレラのフェアリーテイル・ホール

トゥモローランド

ショップやレストランの軒下が屋根続きになっているため、結構濡れずに移動できます。

・スティッチエンカウンター
・バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
・モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク”

アドベンチャーランド

ワールドバザールのお隣、ゆっくり座って楽しめるタイプのアトラクションです。

・ウェスタンリバー鉄道
・魅惑のチキルーム

せっかくのディズニー。
雨の日に当たると残念だとは思いますが、その分混雑も緩和され、いつもよりたくさんの乗り物に乗れたり、レストランが空いていたりと、いいこともあります。
対策さえしっかりしておけば、十分に楽しめるはず!

雨の日でも、少しでも快適に楽しく過ごすために、わが家の経験が少しでもお役に立てれば幸いです♪

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク